英検1級のおすすめ教材

英検1級は、合格率10%の最難関の英語資格です。

既に帰国子女レベルの英語力があれば別ですが、私のように海外経験が全くない人は、並大抵の努力では合格できないと思います。

それだけ難しい試験とあって、英検1級を受験する人口は多くはありません。その結果、残念ながら英検1級に役立つ有用な教材が少なく、教材探しに苦労するのが現状です。

私は初めて受けた英検1級の一次試験で合格できましたが、そこにたどり着くまでには、様々な英語教材を試し、膨大な勉強時間を費やしてきました。

この記事では、特に役に立ったと思う教材やおすすめの教材を紹介しています。

英検1級全問題集

教材の対象者
  • 英検1級の合格を目指して勉強している全ての人

教材のレビュー

英検1級に合格するためには、絶対と言っていいほど欠かすことの出来ない重要な教材です。過去6回分の過去問題、詳しい解説、リスニングのダウンロード音声などが収録されています。

実は、過去問だけなら英検の公式サイトに3回分が無料で掲載されています。しかし、詳しい解説がなく、過去3回より前の問題はありません。

そのため、やはり英検1級全問題集を使ってしっかりと勉強した方が良いと思います。実際に、私はこの教材をメインに英検1級の勉強をしました。

使い方としては、出題傾向や自分の苦手なパートを把握したり、本番をイメージした模擬試験としても使うことができます。また、英作文パートは、過去問題の解答例を参考に定型文を作成できます。

リスニングの音声はダウンロードしたり、アプリで視聴できます。別売りで「全問題集CD」がありますが、こちらはCDでリスニングの音声を聞くための教材です。

値段が高く、収録している音声は全問題集でダウンロードできるものと全く同じなので、基本的には不要だと思います。

チェルシー式 英検1級突破講座

教材の対象者
  • 英検1級に合格するためのテクニックや勉強法を知りたい人

教材のレビュー

この教材は、有名大学や大手企業、語学スクールなど、幅広い分野で英検1級の合格について指導している人気講師が作ったものです。

英検1級は受験人数が少ないため、参考になる教材はTOEICなどと比較しても多くはありませんが、数少ない役立つ教材の内の一つがこれです。

苦戦しがちな長文問題やリスニングパートの解き方など、実践的な勉強法や合格テクニックを分かりやすく教えてくれます。それにより、合格までに必要な勉強時間を減らす効果を期待できます。

また、他の英検教材ではなかなか教えてくれない受験者を落とすためのトリックについても解説しており、どこに注意して勉強すれば良いか理解できます。

ただし、どんな教材もそうですが、必ずしも納得できる内容ばかりではありません。教材の中から自分が納得できる部分のみを今後の勉強法に取り入れることが、合格への近道だと思います。

速読速聴・英単語 Advanced

教材の対象者
  • 英検1級レベルの多読教材が欲しい人
  • 英検1級レベルのシャドーイング教材が欲しい人

教材のレビュー

この教材は、英検1級レベルの難易度の高い長文が50本近く掲載されています。

英検1級の長文問題は対策が難しく、苦手意識を持っている人が多いパートです。長文問題に時間を取られていると、その後の英作文を解く時間がなくなり、合格することはできません。

実践的な英字新聞や英語放送がベースになっており、英文のジャンルは、社会、政治・国際、経済・経営、司法・法律、医療・健康、宇宙・科学、歴史・文化など幅広いものになっています。そのため、英検1級と同等レベルの多読教材として有用です。

しかも、全ての長文に対してダウンロード音声が付いているため、リスニングのシャドーイング教材としても使えます。

単語の勉強もできるので、「パス単」を始めとする英検1級専用の単語集を使って基本的な語彙を習得したら、補完的に本教材を使用するのがおすすめです。

このように、多読、シャドーイング、単語の暗記と幅広い使い方ができる教材です。ただし、私が実際に使った感想では、英検1級の勉強を始めたばかりの頃にこの教材を使うと、少し難しく感じるかもしれません。

その場合は、英検準1級レベルの「速読速聴・英単語 Core」などから先に勉強するのが良いでしょう。

リスニングパワー

リスニングパワー

教材の対象者
  • 英検準1級または英検1級レベルのリスニング力を身につけたい人
  • リスニング力の底上げをしたい人
  • ネイティブ英語の発音について基礎から学習したい人

教材のレビュー

言わずと知れたリスニング力を高めるために欠かすことの出来ない人気教材です。有名な芸能人が使用していたり、テレビや雑誌でも取り上げられたりと、知名度は高いです。

教材の内容を簡単に説明すれば、まず最初にネイティブ英語の発音の特徴をしっかりと学びます。そして、その知識をベースに英語を聞く練習を続けることで「英語耳」を身につけ、最終的にリスニング力をアップさせるという感じです。

有名なだけあって教材がしっかり作りこまれており、特にネイティブ英語の発音をここまで丁寧に学べる教材は他にないという点では、とてもおすすめです。

私は英検1級のリスニングパートは苦戦して、なかなか問題が解けるようになりませんでした。この教材でネイティブ英語の発音を学習したら、英語の音声が前よりも聞き取れるようになりました。

海外に留学したり、長く滞在していた経験がない場合、英検準1級や英検1級のリスニング問題は、スピードが速くて聞き取ることは簡単ではありません。

リスニングパートが得意であれば使う必要はありませんが、私と同じように苦手意識がある人は試してみてください。

なお、リスニングパワーの詳細なレビューに関しては「リスニングパワー【購入レビュー】」をお読みください。

英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング

教材の対象者
  • 英検準1級または英検1級の英作文で高得点が取れる書き方を学びたい人
  • 英作文で使える便利なフレーズを知りたい人
  • 論理的思考について学習したい人

教材のレビュー

英検1級の英作文問題は配点に占める割合が多く、このパートで点数を取れなくては合格は不可能です。

しかし、知っている英単語をやみくもに並べて文章を組み立てても、主張と根拠が明確に書かれた論理的な文章は完成しません。

この教材は、論理的に英語でスピーチするための練習問題が多数掲載されています。論理的に話すことを勉強したことがない人は、一度この教材で勉強すると良いでしょう。

少し古くて読みにくいことが難点ですが、内容は素晴らしく、この教材を学ぶことによって英作文の完成度が一段階上がるはずです。

また、因果関係を表す表現や、意見・感想を言うときの表現など、ディスカッションで使える英語の表現集が秀逸で、私はこの中から使えるフレーズを探して英作文の中で活用していました。

さらに、英検1級の一次試験に合格した後は、二次試験の面接対策としても使うことができます。