今一番取得すべき英語の資格はこれだ!英語資格を徹底比較

英語の資格試験は色々あって、どれを受験するのが良いか迷ってしまいます。

私は英語が苦手なゼロの状態から始まり、自分なりに英語の勉強に本気で取り組んできました。その結果、TOEICでは920点を取り、英検1級の一次試験に合格できました。

この記事では、私の経験をもとに英語資格の難易度やおすすめ度などを比較しています。

1. 英語の資格一覧

日本で実施されている英語に関する資格試験は数多く存在します。下記の表は、その中でも知名度がある代表的なものを抜粋しています。

資格名 概要
英検 小学生から社会人まで年間230万人が受験する国内最大規模の試験。リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能について測定することが出来る。
国連英検 国連普及活動の一環として実施される試験。特徴は、試験内容が世界平和、地球環境、世界情勢、国際時事問題など、国連の活動に沿ったグローバルな内容であること。
ケンブリッジ英検 1858年にイギリスの名門であるケンブリッジ大学によって設立された試験。日本では知名度が低いが、英語を母国語としない受験者を対象とした英語検定の中では最も長い歴史があり、ヨーロッパを中心に圧倒的な権威がある。
工業英検 工業英語に特化した試験。特徴は、試験内容が「ビーカー」や「電子」、「コンピュータ」など、科学技術に関する内容であること。名前に「英検」とついているが一般的な英検より知名度が下がるため、資格を対外的にアピールするという意味ではあまり役に立たない。受験する目的としては、翻訳者が技術系の翻訳力を高めるために勉強していることが多い。
日商ビジネス英語検定試験 日本商工会議所が開催する試験で、英語のビジネス文書の作成、海外取引に関する実務的な内容などの理解力を測定する。パソコンを使用してテストを受験することが出来る。
TOEIC 世界150か国以上で実施されている試験。他の試験とは異なり、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価される。日本だけではなく、海外でもTOEICのスコアが重視されている。
TOEFL 世界130か国以上で実施されており、英語圏の大学や大学院に留学する際に利用される試験。試験問題は、TOEICと同じくETSという非営利団体が作成している。
通訳案内士試験 外国人観光客相手に観光ガイドをする能力を測定する試験。通訳案内士法により、通訳案内士試験に合格することなく、外国語を用いて観光ガイドすることは禁止されているため、仕事によっては必須となる資格。英語以外にも、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語などから選ぶことが出来る。

それぞれ試験内容や受験するメリット、難易度などが異なるため、自分がどれを受験する必要があるのか、きちんと調べてから勉強を始めることが大切です。

2. TOEIC、英検、TOEFLを徹底比較

上記で説明した英語の資格試験の中から、私が問題を解いたことがあるTOEIC、英検、TOEFLについて様々な観点から比較を行います。

2.1. 難易度ランキング

まずは、どれが最も難しい資格であるか、難易度の比較を行います。

英語資格の難易度ランキング!
  1. TOEFL
  2. 英検
  3. TOEIC

比較する基準として、TOEFLは100点、英検は1級、TOEICは900点を目安にしています。

TOEFL

個人的には、TOEFLが最も難しいと思います。TOEFLで100点と言えば、海外のトップクラスの大学へ入学できるレベルです。

私はTOEICで920点を取り、英検1級の一次試験に合格した後にTOEFLの問題を解いてみましたが、相当難しいと感じました。ライティングとスピーキングの配点割合も大きいので、海外経験がない場合はかなり苦戦すると思います。

やはり、海外のトップクラスの授業についていくには、これくらいの英語力が必要なのでしょう。ちなみに、ハーバードやオックスフォードに留学する場合、TOEFLで110点近くのスコアを取る必要があり、ほとんどノーミスで正解しなくてはなりません。

英検

次に難しいのは英検1級です。

私はTOEICで920点を取得してから3ヶ月の勉強を経て、英検1級の一次試験に合格しました。それだけTOEICの900点と英検1級には難易度に差があるのです。

また、TOEFLと同様に、英検1級の二次試験で行われる面接では、普通に英語で会話できるレベルがないと合格は難しいです。

TOEIC

一番簡単なのが、TOEICで900点を取ることです。

TOEICが難しいところは最後まで余裕を持って解き終えることですが、それが出来れば英文自体はそんなに難しくありません。

そのため、私のように海外経験がなくても、TOEICで900点を取ることは十分可能です。さらに、ライティングとスピーキングの問題がないことも難易度を下げています。

2.2. 役立ち度ランキング

次は、どれが最も役に立つ資格であるか、役立ち度の比較を行います。

英語資格の役立ち度ランキング!
  1. TOEIC
  2. TOEFL
  3. 英検

資格が役に立つか否かは、資格を取得する人の立場によって変わってくるため、あくまで私なりの意見になります。

TOEIC

まず、最も役に立つ資格はTOEICです。このブログでも何度か書いているように、TOEICで900点を持っていると就職活動で圧倒的に有利です。

私は3流大学の学生でしたが、就職氷河期に10社近くから内定をもらえました。実際にTOEICで900点を持って就活をした経験がないと分からないと思いますが、それだけTOEICが就活に与える影響は大きいです。

また、入社してからも新入社員にTOEICを受験させる企業が多く、TOEICのスコアが昇進や部署異動など企業の意思決定に影響を与えていることは確かです。

TOEFL

次に役に立つ資格はTOEFLです。

何と言っても、海外の大学に留学するためにはTOEFLで高いスコアを取らなければなりません。そのため、留学を考えている人にとっては最も必要となる資格です。

英検

最下位は英検です。

英検のメリットは、高校や大学への進学に有利になったり、大学によっては単位認定されることです。逆に言えば、それくらいしか役に立ちません。

英検1級の合格者は通訳案内士試験の一次試験が免除されますが、それも通訳案内士を目指していなければ意味がありません。

就活においても、私の経験ではTOEICと違って面接官から英検について聞かれることはなく、英語を勉強していない人には英検の難しさが知られていないと思われます。

2.3. おすすめ度ランキング

最後に、どの資格を最も受けるべきか、おすすめ度の比較を行います。

英語資格のおすすめ度ランキング!
  1. TOEIC
  2. TOEFL
  3. 英検

役立ち度と同じく、資格を取得する人の立場によっても変わるため、あくまで私なりの意見になります。

TOEIC

今受けるべき最もおすすめの資格は、やはりTOEICです。

英文の難易度が低く、英語学習の初心者でも取っ付きやすいです。

また、TOEICは英検と違ってスコア制なので、頑張った分だけ成長がスコアとして表れます。そのため、モチベーションが維持しやすく、英語の勉強を継続できます。

しかも、就活では大きな武器になるので、良いこと尽くしです。

TOEFL

次におすすめするのはTOEFLです。

留学を目指している人が受験するのは当たり前ですが、そうでない人もTOEFLを勉強することで、ライティングとスピーキングを含めた総合的な英語力を高められます。

ただし、TOEFLは難易度が非常に高いので、TOEICや英検の勉強をした後の次のステップとして受けるのが良いでしょう。

英検

最後に、あまりおすすめしない資格が英検です。

英検準1級までは、受ける価値は十分あるでしょう。しかし、英検1級は難易度が非常に高い割に、TOEICと違ってメリットがあまりありません。

私のように英語学習の目安として受験するなら良いですが、就活や留学では基本的に役に立たないので注意が必要です。

3. まとめ

英語の資格試験には多くの種類が存在しており、それぞれ試験の難易度も合格したときのメリットも異なってきます。

そのため、勉強を始める前に資格試験は慎重に選ぶ必要があります。「1000時間勉強して合格したけれど何の意味もなかった」と後悔してからでは遅いのです。

将来自分が何をしたいのか考え、どの試験を受験することが今の自分に最も効果的なのかしっかり悩みましょう。それが済んだら、後は合格に向けて一直線に勉強するだけです。